【公式】未来ウェディング
レストラン・料亭紹介(Wedding Location)

レストラン・料亭紹介



カテゴリ一覧

神前式
1.神前結婚式
明治33年、当時皇太子であられた大正天皇のご婚儀が、皇室内の賢所(かしこどころ)で行われる。
このご慶事を記念して、東京大神宮ではでは翌年、一般の方々に向けた神前結婚式が行われたのがはじまり。

新年には「初詣」、結婚の際には「神前結婚式」、お子様がお生まれの際には「安産祈願」「お宮参り」など、生活の中にあるのが神社で、まさしく日本文化であります。
越前祖神 -足羽神社-
越前祖神 -足羽神社-
越前祖神 -足羽神社-

●主祭神
継体天皇
応神天皇五世皇孫で、越前の治水事業を行い、平野を開き諸産業を興された大男迹王(おおとのおみこ)が越前から第26代天皇として即位をされるため、大和へ旅発たれる時に、末永くこの国の守り神とならんと、自らの生き御霊を宮に鎮めて行かれました。
それより継体天皇が主祭神として祀られています。
-三國神社-
-三國神社-
-三國神社-

●ご祭神
大山昨命・継体天皇 延喜式所載の式内社。

●History
1540年(天文 9年)湊住人 板津清兵衛が高柳村より流れ来た御神体を拾い上げ正智院に納める。
1544年(天文13年)院主・澄性小社を建立。
1564年(永禄 7年)桜谷の地を開発し山王宮を建立。この山王宮の祭神が高柳村より流れ来た御神体、大山昨命(山王権現)である。
1869年(明治 2年)山王宮を桜谷神社と改める。
1872年(明治 5年)興ケ丘の水門宮の御神体、継承天皇を桜谷神社に合祀をする。
1885年(明治18年)三國神社と改称し現在に至る。
-福井県護国神社-
-福井県護国神社-
-福井県護国神社-

●ご祭神
昭和14年 内務省の令を受け、明治維新の志士 橋本景岳(左内)をはじめ、明治維新以来、日清・日露・大東亜戦争に至る3万2千余柱の英霊を、護国の大神様・平和の大神様としておまつり申し上げている神社。

●皇族ご参拝記録
昭和37年4月22日 天皇皇后両陛下行幸啓
昭和43年9月 4日 皇太子同妃両殿下御参拝(今上陛下)
昭和41年6月 2日 常陸宮殿下御参拝